そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>
最新記事

尖閣

ネットもTVも新聞も、どこもかしこも尖閣の話題で持ちきり、日本中に不思議な敗北感が漂っている。私自身も全くの例外というわけではないが、ただそれが愛国心から来るものだとしたら、とても居心地が悪い。

それにしても、時が100年ほど遡ったような錯覚にとらわれるほど、世界は未だ植民地主義時代から抜け出ていないようだ。ただ、立場は逆転し、この敗北感を味あわせてきたのだが…。