そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>
最新記事

No.36/2010.9.4〜NAGOYA版今週見たい映画、見るかもしれない映画

来週からあいち国際女性映画祭が始まります。多分、私は、「ザクロとミルラ」「愛その他の悪霊について」を観ます。

もう一つ、「映画の肖像 黒澤明 大林宣彦 映画的対話」もあるいは…。

劇場公開ものでは、ペドロ・コスタの特集上映があり、新作の「何も変えてはならない」が上映されます。

■何も変えてはならない
テーク/上映時間はhttp://cineaste.jp/l/1900/1983.htm
http://www.cinematrix.jp/nechangerien/
期待度★★★★

『恋ごころ』『ランジェ公爵夫人』のヒロインを務め、舞台女優やダンサーのほか歌手としての顔も持つジャンヌ・バリバールの音楽活動に、『ヴァンダの部屋』などで知られるペドロ・コスタ監督が密着した音楽ドキュメンタリー。ライブやレコーディング、リハーサル、レッスンの模様を、研ぎ澄まされたモノクロの映像で映し出す。ポルトガルの鬼才が迫った、フランス映画界きっての人気女優の多才さに目を見張る。(cinematoday)