そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>
最新記事

「トワイライト〜初恋〜」は大人の時間への入口?

[rakuten:book:13507347:detail]
高校生の嬌声が飛び交っている(誰も言ってない!)とか不埒な若者がイッパイ(これも言ってない!)とか脅かされ、やや引きながらミッドランドに足を運んだんですが、結構楽しめました!

特に、ベラがエドワードのことをヴァンパイアと知り、それでも愛していると告白するあたりまでは、なかなかよろしい展開で、集中してみられました。後半は、一転して、ご都合主義オンパレードの展開となり、でもまあ、これはこれで面白く、思いっきりのいい監督だなと感じられ、この映画、私としては印象は悪くないです。

ストーリーは、古くからあるティーン向けの王子様願望物語もので、未だにこんなお話が若い人の気持ちをとらえるのかと、少しばかりため息気味にもなりますが、告白やその後の展開がベラ主導で進むあたりは、イマドキかなとも思え、それが原作どおりなのか、あるいはキャサリン・ハードウィック監督のこだわりなのか、興味を持ちますが、さすがに原作を読む気にはならず、もし原作を読んだ方がみえましたら、是非コメントをよろしくです。

ということで、ストーリー的にはいろいろ深読みしないと大人(?)としてはつまらなく、これはヴァンパイヤものでもなんでもなく、少女が大人になっていくお話やね、などと分別くさい大人を演じながら見て楽しみましょう。

それにしても、冒頭、確か人口数千人の小さな町とか言っていたはずですが、ハイスクールのシーンの学生の数の多いこと、これじゃ大都会でしょ!などと、いきなり(心の中で)ツッコミが入ったにもかかわらず、最後まで楽しく見られて、星2つです!