そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180225200955j:plain


ナチュラル・ウーマン

監督:セバスティアン・レリオ

(ネタバレ)ロッカーの中にあったもの、それはマリーナがマリーナであるためのもの

>>

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>
最新記事

「ワンダーストラック」50年の時を超えたファンタジー、NYのジオラマは必見!

キャロル」のトッド・ヘインズ監督ですので見に行きましたが、ちょっとばかり大人には単純すぎますかね。文部科学省の推薦(?)のクレジットが入っていました。

原作者のブライアン・セルズニックさんは児童文学者なんですね。見ていないのですが、「ヒューゴの不思議な発明」の原作者でもあります。この映画では脚本も書いているようです。

「Wonderstruck」 wonder は「驚きの」で、struck は strike の過去形、へぇー、こんなふうに変化するんですね。「驚きの一撃」びっくりするようなすごいことといった意味なんでしょうか。

 

監督:トッド・ヘインズ

f:id:ausnichts:20180413192254j:plain

公式サイト

 

1927年と1977年のふたつの時代が同時に進行し、およそ交互に編集されて進んでいきます。1927年の物語は白黒のサイレント映画風、1977年はカラーで作られています。上に引用した画像も白黒とカラーになっていますね。

続きを読む