そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>
最新記事

映画「裁き」(ほぼネタバレ)かなり新鮮ではあるが、何が伝わってくるかといえば微妙

久々に「新鮮」さを感じた映画でした。

映画の舞台はインド・ムンバイですが、歌も踊りもありませんし、ベタな人情噺もありません。

ああ、歌はありましたね。ただ、いわゆるボリウッド・ダンスミュージックではなく、民族楽器を伴奏にしたプロテストソングといいますか、民衆詩人のような人がメッセージ性の強い詩を朗唱するように歌っています。

この歌はインパクトがあってはっとさせられます。 

 

監督:チャイタニヤ・タームハネー

f:id:ausnichts:20170806104915j:plain

ある下水清掃人の死体がマンホールの中で発見された。ほどなく、民謡歌手カンブレが逮捕される。彼の扇動的な歌が下水清掃人を自殺へと駆り立てた容疑だ。裁判が始まる。弁護士、検察官、裁判官、そして証人たち。階級、宗教、言語、民族など、異なる世界に身を置いている彼らの生活と法廷の一つの裁きが多層に重なっていく。(公式サイト

 

その歌のシーンが Youtubeにありました。

 


Dushmanaala Jaan Re (Time To Know Your Enemy) | COURT (2015)

続きを読む