そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>
最新記事

映画「女神の見えざる手」(ネタバレ)は、読まずに見たほうがいいとは思いますが…

これ、作りもテーマも無茶苦茶ハリウッド臭いんですけど、そうじゃなく、ヨーロッパ・コープの製作なんですね。

と言いながら、私、最近は何か語れるほどハリウッド映画を見ていません(笑)。それに、今ではハリウッド臭いといえる特徴的なものもなくなっているのかもしれません。

監督は「恋に落ちたシェークスピア」「プルーフ・オブ・マイ・ライフ 」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」のジョン・マッデン監督です。

そのどの映画もあまりはっきり記憶しているわけではありませんが、こういう映画を撮る監督でしたっけ?

 

監督:ジョン・マッデン

f:id:ausnichts:20171023161635j:plain

 

こういう映画を撮る監督でしたっけ? と感じたことがハリウッド臭さと書いた正確な意味なんですが、その一番はテーマと言いますか、そのオチです。

 

この映画のテーマ、一言で言っちゃいますと、「アメリカの正義」です。

続きを読む