そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>
最新記事

「花咲くころ」(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画。

この映画、2013年の製作で、その年の東京フィルメックスで最優秀作品賞を受賞している映画です。

とてもいい映画で私はお勧めしますが、こうしたやや地味とも言える映画の公開は難しいのでしょう。まさかジョージア出身の栃ノ心が優勝したタイミングを見計らったわけでもないでしょうが、時代に関係なく残っていって欲しい映画です。

1992年のジョージアの首都トビリシに暮らす14歳の少女二人を中心にした映画です。監督のおひとりナナ・エクフティミシュヴィリさんが1978年生まれとのことですので、何かしら監督の実体験が反映されていると思われます。

 

 監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain

公式サイト 

 

こうした映画の良さを言葉で伝えることはとても難しく、だからこそいい映画ということになるのですが、何ていうんでしょう、ひとことで言ってしまえば、ありきたりな言葉ですがリアリティということで、ただそれも事実であるとかないとかではなく、確かにそこに人(々)がそのように生きており、そうしたことがあったに違いないと感じるということです。

続きを読む